山口紗弥加の昔の出演ドラマ、映画の画像まとめ!最初の出演はどん兵衛のCM?

山口紗弥加さんはカメレオン⼥優と言われるくらい長くから芸能界で女優活動をしています。⼥性らしい役や会社の上司役、刑事役のカッコいい役等、演技の幅が広いです。

それだけ演技力が高いことが評価されているんだと思います。そんな⼥優の⼭⼝紗弥加さんの若い頃はどんな感じだったのでしょうか︖

調べてみました!

山口紗弥加の生い立ち&プロフィール

⼭⼝紗弥加さんは1980年2⽉14⽇⽣まれの現在39歳となっています。デビューは1994年の当時まだ14歳の時で⽇清⾷品どん兵衛シリーズのCMに出演されていました。

つまり芸歴は25年にもなるということですね。他にもお菓⼦やドリンク、ボディソープのCMなど数多くのCMにも出演されています。

⼭⼝紗弥加さんが⼥優を⽬指したきっかけはドラマ『東京ラブストーリー』で主役の織⽥裕⼆さんの相⼿役だった鈴⽊保奈美さんを⾒て⼥優の仕事を始めたいと思ったそうです。

トーク番組『ボクらの時代』ではバラエティ番組への出演については何をしたら良いのかわからなくなって怖くなったと話していました。⼀⽅でドラマの現場ではバラエティ番組で⼈気が出てしまったことでスタッフ側から扱いにくいと⾔われてしまったこともあるそうです。

それで悩んだことがあって22歳の時に体調を崩しています。当時は過激なグラビア写真などにも挑戦していますし周りに振り回されてしまったのではないでしょうか?

その後に野⽥秀樹さんや蜷川幸雄さんと出会って本格的に⼥優としての道を進むこととなり復活していきました。

山口紗弥加さんの最新出演作品別ヘアスタイルも別記事でまとめています!ぜひご覧ください。

山口紗弥加の最新出演作品別髪型まとめはこちらをクリック!

 

1994年14歳の時にどん兵衛のCMでデビュー

山口紗弥加さんは当時まだ14歳の時に日清食品「どん兵衛」でCMデビューされました。これが芸能界で初めての仕事となりました。

いきなり注目を集める役ですから凄いことですよね。

 

山口紗弥加の若い頃の出演ドラマ、映画

ドラマでは「若者のすべて」でデビューしています。「笑っていいとも」などのバラエティ番組や1998年にはアイドル歌手としてもデビューしていてアイドル女優路線の頃は方向性に悩んでいて22歳~23歳の頃に引退を決意するほど体調を崩してしまったこともある程です。

しかし2003年の野田秀樹さん演出の舞台に挑戦したときに演じる事の喜びを覚えてその後、蜷川幸雄さんに声をかけられた舞台で吹っ切れたそうです。

どちらも厳しいと演出家で厳しく罵られたこともあったそうです。

 

1994年ドラマ『若者のすべて』に出演

⼭⼝紗弥加さんはデビューの年の14歳でフジテレビドラマの『若者のすべて』に出演しています。
萩原聖⼈さんと⽊村拓哉さん主演の名作となっています。

メインキャストには武⽥真治さん、鈴⽊杏樹さん、深津絵⾥さんなどの豪華キャストとなっています。

あらすじは22歳が悩みながら⽣きる道を⾒つけていくというものです。⼭⼝紗弥加さんは萩原聖⼈さんの妹の原島妙⼦役を演じていて⽗⺟を事故で亡くしたショックから⾃閉症になった⼥の⼦という役柄でした。

初めてドラマに出演することになった14歳の⼥の⼦には難易度が高いですよね。

 

1996年映画『モスラ』ロラ役を演じる

『モスラ』は1996年12月14日に公開された日本映画で平成モスラシリーズの第1作です。製作は東宝映画で配給は東宝となっています。

当初はモル役に宝生舞さんでロラ役に小林恵さんが予定されていましたが製作発表でもそのメンバーが集結していたんですが宝生さんが病気のために降板したことによってモル役に小林さんでロラ役に山口紗弥加さんに変わっています。

 

1997年映画『ときめきメモリアル』に出演

高校生活最後の夏休みに海の家でアルバイトをする高校生たちの恋と友情を描いた青春ドラマとなっています。

愛シュミレーション・ゲームとして人気となっていたゲームソフト『ときめきメモリアル』をモチーフにしたものです。

主演は岡田義徳さんでその他のキャストには榎本加奈子さん、中山エミリさん、矢田亜希子さんとなっています。

 

1999年ドラマ『ザ・ドクター』

2人の青年医師の対立から患者や医療スタッフたちとの触れ合いを描くヒューマンドラマとなっています。

主人公の麻生を演じるのは堤真一さんで神崎役にはなんと長嶋一茂さんが演じています。

 

山口紗弥加さんは慢性の白血病のために入院生活をしていた麻美を演じていました。レギュラー出演ではなくてこの時はまだまだこうした単発のゲスト出演が多いです。

 

2000年映画『富江 replay』に出演

殺しても死なない魔性の美女の富江の惨劇を描いたホラーシリーズ第2弾です。宝生舞さんが周囲の男たちをとりこにしてヒロインの富江を演じています。

伊藤潤二さんのホラー漫画を実写映画化した第2弾となっています。前作の菅野美穂に代わっての宝生舞さんが富江役を演じています。

共演は山口紗弥加さんや窪塚洋介さんなどです。見どころは生首から再生していく富江の姿などでかなり怖い映画と話題となりました!

 

2000年ドラマ『花村大介』に出演

『花村大介』は2000年7月4日から9月19日までフジテレビで放送されたテレビドラマです。2001年1月2日にはスペシャルドラマが放送されています。

大手法律事務所に勤めることになった三流弁護士の活躍をコメディーな感じに描いた弁護士ドラマで主演はユースケ・サンタマリアさんです。

山口紗弥加さんは第1と第2話のゲスト出演となっています。妹という役柄でカメラマン志望の専門学生という役柄です。

 

2004年NHK朝ドラ(連続テレビ小説)『わかば』に出演

『わかば』は2004年9月27日から2005年3月26日まで放送されたNHK連続テレビ小説第71作目となっています。

建築家の父親を阪神淡路大震災で亡くした震災遺児の高原若葉が主人公です。建設会社への就職を目指すしましたが会社の経営破綻により内定が取り消されてしまうという震災後の物語となっています。

山口紗弥加さんは若葉の親友役としての出演となりました。

役柄としては神戸の資産家の娘でヒロインの高原若葉の親友という関係です。山口紗弥加さんは福岡県出身なのですが関西弁に慣れるのは大変だったそうです。

大阪弁と神戸の言葉はイントネーションや雰囲気が全然違うんだとか…そのとまどいが大きくて撮影中は常に言葉を考えていたそうです。

撮り直しににもなっていて相当苦労したようです。その土地の人を演じるにはその土地の歴史と生活を学んで体感として理解することが重要だと思っていると語っていました。

やはり演技派女優らしい考え方ですよね。セリフを覚えるだけではなくて役に入り込むところは凄いなと思いました。

 

2005年ドラマ『ラストクリスマス』に出演

『ラストクリスマス』は2004年10月11日から12月20日まで放送されたフジテレビの「月9」枠のテレビドラマです。

主演は織田裕二さんで全11回で平均視聴率は21.6%で最高視聴率は25.3%という人気作品となっています。

山口紗弥加さんは第8話へのゲスト出演となっていて元レディース仲間という役柄です。まだまだ主演などの役柄ではなくて脇役が多いですね。

ただ出演本数は多いことから演技自体は周りから評価されていたんだと思います。人気作品や人気役者にも身近に見れてこういった経験が現在の女優業に役立っているのではないでしょうか?

その証拠に現在でも女優として活躍していますからね。この時の経験が大きかったのかもしれませんね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)