渡部篤郎の若い頃作品別まとめ!ストーカー役からかっこいいアクションまで!

渡部篤郎さんは俳優としてベテランの地位となっていますよね。しかし若い頃はどうだったのでしょうか?

実は色々な名作に若い時から出演していたんです。過去にはストーカー役なども務めていてその時の経験が今の演技に生きているんだと思います。

そこで今回は渡部篤郎さんの俳優人生について改めて見ていきたいと思います。

渡部篤郎のプロフィール

渡部篤郎さんは小学生の頃から映画が好きでエキストラの仕事をしたことがきっかけとなって俳優を目指しています。

そして丹波哲郎さんが主宰していた俳優養成機関「丹波道場」に入って演技を学んでいて日活のロマンポルノなどにも出演していたんです。

渡部さんとしては当時は何でもやったと語っていました。そして1990年代に入ると徐々にですが出演作が増えてきていて現在では多くのテレビドラマや映画に起用されています。

演技派俳優として知られていてまた俳優以外にも映画監督としても活動していて多くの才能を発揮しています。

俳優としての具体的な活動は1987年の「独眼竜政宗」で俳優デビューを果たしました。そして1988年の「妖女伝説88」で映画初出演となっています。1991年の「青春の門」でテレビドラマ初主演で1995年の映画「静かな生活」で日本アカデミー賞新人賞を受賞と徐々にですが俳優として評価を高めていったことがわかりますよね。

1998年の「緑の街」で映画初主演で同年の「ラブ・アゲイン」で連続ドラマ初主演となりました。

テレビドラマの代表作は「ビューティフルライフ」や「幸福の王子」、「銭の戦争」などがあります!

私生活では村上里佳子(RIKACO)さんと1994年に結婚しましたが2005年に離婚となっています。

渡部篤郎の髪型まとめ!!ロマンスグレースタイルがダンディーすぎる!!

 

1992年 『北の国から ’92巣立ち』純の同級生役で出演

北の国からとは1981年にフジテレビ系列で放送された連続ドラマで2クールの全24話となっています。

北海道の富良野が舞台で半年間の放送のために1年以上の北海道ロケをしていました。そして大作映画並みの時間と予算をかけて制作されていてかなり力を入れた作品です。

連ドラ終了後も数年に一度のペースでスペシャルドラマが放送されていて高視聴率を記録していました。

2002年の「遺言」で終わるまで21年間続いた国民的人気ドラマです。主要キャストは連ドラ時代から21年間もの間同じです。

 

その作品に渡部篤郎さんはまだ若い時に出演していて純の小学生時代の仲間が集まった飲み会で純の同級生役で出演していました。

またまだ若い西島秀俊さんも同時に出演していたとあってかなりレアなシーンもあります。二人は出演シーンは数分ですがかなり貴重なシーンと言えると思います。

 

1995年 映画『復讐の帝王』に出演

復讐の帝王は桑原譲太郎さんのハードボイルド同名小説を映画化したもので復讐の帝王はVシネマとして製作されて劇場公開された作品です。

主演は渡部篤郎さんでアクションをしたりとかなり激しい役柄となっています。

 

1995年 映画『静かな生活』で障害者の息子役を演じた

『徹子の部屋』に出演した渡部篤郎さんは19年前の映像が公開されたんですがそれが俳優としての転機となった映像だったということでそれが伊丹十三監督の『静かな生活』での出演でした。

作家の大江健三郎さんの同名小説を原作にしたのが『静かな生活』でその時の名演技が高く評価されていて日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞したんです。

 

1996年 『スワロウテイル』殺し屋役を英語で演じた

映画「スワロウテイル」は1996年に公開された日本の映画で架空の日本の都市であるイエンタウンでの若者たちの姿を描いた作品です。

日本にある街を舞台に移民達を描いた作品で登場人物達は日本語や英語、中国語を話したりと個性的な世界観となっています。

映画では小学生が偽札を使うシーンが問題となって映倫のR指定となりました。渡部篤郎さんは、なんでも屋「青空」の店主で「青空」に二人の子供と一緒に暮らしているラン役を演じています。

しかし実はとある諜報組織に所属する殺し屋で超一流のスナイパーであるという役柄です。難しい役柄でしたがしっかりと演じきっていました。

 

1997年 ドラマ『ストーカー 逃げ切れる愛』でストーカー役を演じる

『ストーカー 逃げきれぬ愛』は1997年の1月6日から3月10日までに日本テレビ系列で放送されたドラマです。

当時は「ストーカー」という言葉が日本で使用されて認識され始めた頃の作品ということもあってかなりの印象を世間に与えた作品でもあります。

そのかなり重要なストーカー役が渡部篤郎さんだったんです。かなり怖い演技が難しいはずですがリアルに演じていて話題となったことから演技力はかなり高いと思いました。

ストーカーにつきまとわれて不安に怯える日々を送るヒロインの姿をスリリングに描いたサスペンスです。

ストーカー役を不気味に演じた渡部篤郎さんが注目されていてその後の連続ドラマに数多く出演するきっかけともなった作品ともいえると思います。

 

1997年 映画『愛する』にて岡努役を演じる

『愛する』は1997年10月4日に公開された日本の映画作品です。原作は遠藤周作さんの「わたしが・棄てた・女」で酒井美紀さんが主演となっています。

設定年代は原作の1950年代とは違って映画化当時の現代が舞台となっています。渡部篤郎さんは恋人役での出演となっていい味を出していました。

 

1998年 映画『緑の街』で主演をつとめる

監督と脚本と音楽を歌手の小田和正さんがやったという話題作です。その映画で渡部篤郎さんは主役の夏目で主演しています。

さらに渡部篤郎さんはこの映画で歌を歌っていて貴重なシーンも見れるものとなっています。

 

1999年 『heat after dark ヒート・アフター・ダーク』に出演

この映画では渡部篤郎さんがプロデュースも兼ねて主演したハードアクションです。TVドラマ『ケイゾク』でも共演していた泉谷しげるさんを相手役に迎え派手な銃撃戦を繰り広げるところが注目するシーンとなっています。

 

2000年 映画『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』に出演

TBS系で放送された刑事ドラマ「ケイゾク」の劇場版です。主演の中谷美紀さんで渡部篤郎さんは相棒的存在である刑事役での出演となりました。

シリーズものということもあって渡部篤郎さんの役柄は重要な役柄となっていました。

 

2019年 ドラマ『ルパンの娘』で深キョンの父親役で出演

2019年の7月からスタートした深田恭子さんが主演のドラマ「ルパンの娘」に渡部篤郎さんが出演しています。

渡部篤郎さんは三雲華の家族で泥棒一家のLの一族を演じています。このドラマは横関大の同名小説が原作です。

渡部さんは華の父親の尊を演じています。実は深田恭子さんとの共演は2010年にフジテレビで放送された「まっすぐな男」以来の9年ぶりの共演となっています。

その「まっすぐな男」では深田さんの元恋人役を演じていてさらにその前にも共演していてその時には元教師と教え子との恋愛関係になったという渡部さん主演の「First Love」があります。

その相手役を深田さんが演じていたんですがあれから19年が経ち今度は親子役での共演となりました。

まだまだカッコいいという証でもあると思います。年齢を重ねたことによって渡部篤郎さんの演技には深みが増してきているなと印象を受けました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)