谷原章介の若い頃の過去ドラマ、映画イケメン画像まとめ!学生時代に同性からナンパ?

谷原章介さんは既に若い時から俳優やモデルとして幅広く活躍してきていました。谷原章介さんの若い頃はどんな感じだったのでしょうか?

モデル時代はかなりのハンサムでドラマでの時代劇での着物姿や会社員役でのスーツ姿も元モデルだけあって軽く着こなしてしまいます。

今回は谷原章介さんの若い時について調べていこうと思います!

谷原章介は学生時代美男子すぎて同性からナンパされた?

谷原章介さんはなんと過去に男性にナンパされたことがあるんだとか…というのも当時は高校生時代は長髪の髪型だったこともあって女の子に間違われてしまったようなんです。

しかも身長も高いことからモデル風美女に間違えられてしまいました。谷原章介さんの出身校は県立の共学校の港北高校となっています。

女性と間違えられてナンパされたエピソードがあるなんてかなりの美少年だったことがわかりますね!?

確かに後ろ姿だと身長が高くて細くて髪が長いと女性に間違われそうですが(笑)それだけ谷原章介さんはスタイルもよかったんだと思います。

 

谷原章介のメンズノンノ専属モデル時代

谷原章介さんは俳優になる前には雑誌「メンズノンノ」の専属モデルとして活躍していました。

谷原章介さんは高校卒業後は美術学校のセツ・モードセミナーに入学。しかし中退して「メンズノンノ」の専属モデルになったんです。結局メンズノンノは2年間務めています。

同じモデルとしては反町隆史さんがいてモデル時代には共演した事がある程です。

 

谷原章介の過去ドラマまとめ

谷原章介さんは2年間のモデル時代を経て演技の道に進むこととなります。現在ではモデルから俳優になるというのは普通ですが当時はまだ珍しくて谷原章介さんは苦労することとなります。

特に谷原章介さんのデビュー当時は女性アイドルが人気だった時代で若手の俳優はヒロインの脇役に回ることが多かったからです。

しばらくは元彼役や恋敵ばかり演じていました。

またモデルとは違ってカッコよさは求められなくて逆に俳優は役柄に徹してカッコよさを出さないようにしなくてはいけないんだとか…

俳優の仕事に慣れるのに谷原章介さんはデビューしてから10年経ってからということですからモデル時代とかなり勝手が違って苦労したようですね!

 

1995年 『未成年』でテレビドラマデビュー

いしだ壱成さんが主演したドラマ「未成年」で谷原章介さんは主人公の兄役を務めました。

当時はまだ22歳の時で1995年に映画「花より男子」の道明寺司役で俳優デビューを飾って同年のドラマ「未成年」でドラマデビューを飾った記念すべき作品となりました。画像を見てみるとかなり若い感じがしますよね!

 

2000年 『あっとほーむ』岩崎慎吾役

あっとほーむは谷原章介さんは尾上紫さんと新婚夫婦役を演じました。

あらすじは夫と義父母と二世帯住宅に住む日常を描いていて当時話題になっていた社会を映し出していて話題となったドラマでもありました。

 

2001年 『救命病棟24時』城島俊 役

谷原章介さんは救命救急センターの救命医を演じました。長髪のパーマが特徴的なキャラクターです。

雰囲気通りにクールな性格ですが実は努力家という一面もあります。どちらかというとドラマではまだまだ脇役といった感じですね~

まだまだこの頃は俳優としては駆け出しの頃の感じを受けますね。

 

2002年 『整形美人』矢島正役

「整形美人」は2002年にフジテレビの「火曜9時」枠で放送されたテレビドラマです。米倉涼子さんが連ドラ初主演となったドラマで当時話題になりました。

谷原章介さんはこのドラマでは主人公の友人の元カレという役柄での出演となっていました。

画像を見てみるとさすがにモルをしていただけあってスーツがかなり似合いますよね!

 

2005年 『大奥~華の乱~』第5代将軍徳川綱吉役

大奥は過去にもドラマや映画化されてきた作品で谷原章介さんは2005年にフジテレビ系で放送された「大奥~華の乱~」に第5代将軍徳川綱吉役で出演しました。

当時話題となって平均視聴率は15.6%とかなり好調でした。この辺りから谷原章介さんは俳優として認められていっている感じを受けました。

 

2006年 『CAとお呼び』

ドラマ「CAとお呼び」は2005年から2007年まで小学館の連載漫画としてあって人気その人気の高さから2006年に観月ありささんの主役でテレビドラマとなりました。

 

谷原章介さんはこのドラマでは観月ありささんと同じ空港で働くパイロット役で出演していました。スーツがとても似合っています!

 

谷原章介の過去出演映画まとめ

谷原章介さんは1992年の10月に『メンズノンノ』の専属モデルとして活動開始していて俳優の仕事へは1995年の映画『花より男子』の道明寺司役で俳優としてデビューを果たしました。

そしてこれ以降は俳優の仕事に重点を置くようになっていき1999年に『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で初舞台となりました。

そして2008年には「ベストレザーニスト2008」を男性で初めて受賞しています。

役柄はクールな男や美男子役が多かったですが次第に嫌味な男やうだつが上がらない情けない男役など幅広い役を演じるようになっていった実力派でもあると言えると思います。

 

1995年 『花より男子』の道明寺役で俳優デビュー

谷原章介さんが初デビューをした映画は「花より男子」でした。

当時はまだ23歳の時で「花より男子」では道明寺司役を演じました。

当時アイドル路線だった主演の内田有紀さんを目当てに映画館に行く男性が多かったんですが谷原章介さん目当ての女性客も多くなっていきました。

 

配給収入は4億2000万円にもなったということで谷原章介さんにとっては俳優デビューしていきなり初出演映画がヒットするという幸運に恵まれましたね!

 

1996年 『極道戦国志 不動』不動力一役

谷原章介三にとっては今までにない新しいジャンルに挑戦していて内容はい極道社会の映画となっています。

谷原章介さんは高校生役で刀を持ってるポスターは今までにない雰囲気を漂わせていてビックリしますよね。

谷原章介さんは主演を演じていてこの映画に出たことによって演技の幅も広がったのではないでしょうか?

 

2003年 『スカイハイ劇場版』神崎刑事 役

『スカイハイ 劇場版』はテレビドラマ版がありその続きが映画となったものでした。

釈由美子さんが主演で共演には大沢たかおさん、岡本綾さん、田口浩正さ、戸田菜穂さん、山田麻衣子さんなどの豪華キャストが出演している映画です。

 

2005年 『亡国のイージス』風間雄大役

亡国のイージスは作家の福井晴敏さんの同名ベストセラー小説を映画化した海洋サスペンス・アクションです。

海上自衛隊の最新鋭護衛艦であのイージス艦が舞台となります。

キャストは真田広之さんやを寺尾聰さん、佐藤浩市さん、中井貴一さんという日本を代表する俳優達が出演しています。

谷原章介さんは海上自衛隊ミサイル護衛艦「いそかぜ」の砲雷科水雷士を演じていました。

役柄は優等生でその分エリート意識が強くて小心者という一面を持っています。

終盤では谷原章介さんが銃を乱射するシーンが見物ですね(笑)そのシーンでは銃を取り上げられて号泣していてかなり俳優として成長したなと感じるシーンです。

そもそもこの豪華俳優人と一緒に出られただけで谷原章介さんが俳優として成長した証ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)