鈴木浩介の妻・大塚千弘との馴れ初め、子供はいるの?出演作品まとめ!

2019年7月19日からTBS系「金曜ドラマ」で現在放送されている凪のお暇に女優の大塚千弘さんが出演しています。

役柄が脇役でドラマの主演は黒木華さんです。大塚千弘さんは女優としてはまだそこまでの知名度はありませんが俳優の鈴木浩介さんと結婚したことで知られています。

しかし実は過去に以外にも脇役ですが人気作品にいくつか出演していたことがあったんです。そこで今回は大塚千弘さんの過去に出演した作品を重点的に調べてみることにしました!

大塚千弘のプロフィール&出演作品ピックアップ!

まずは大塚千弘さんのプロフィールを見ていきたいと思います。大塚千弘さんは徳島県徳島市出身で東宝芸能に所属しています。

第5回東宝「シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞しました。妹はファッションモデルで女優の山下リオさんです。

徳島市を中心に活動するローカルアイドル「ココナッツJr.」に2000年まで在籍していて2000年のホリプロタレントスカウトキャラバンでは最終審査まで残ったこともあります。

2000年に開催された第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞してこれがきっかけとなって芸能界入りを果たしました。

2002年に週刊ヤングジャンプ「制コレ」に出演してから本格的な芸能活動を開始しています。

そして2002年には『仄暗い水の底から』で映画初出演していて2003年にはテレビドラマ『ショコラ』で初主演を果たしています!

2003年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』や2004年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』で長澤まさみさんと一緒に小美人役で共演して話題を呼んだこともありました。

2003年には『シンデレラストーリー』のヒロイン役で舞台初出演にして初主演を飾っています。大塚千弘さんは舞台やミュージカルに興味が強くてその後も多くの舞台やミュージカルに出演しています。

特技は中学生まで続けていた器械体操となっていてバック転やバック宙などが出来るそうです。かなり運動神経は良さそうですね~

その為に2004年のテレビドラマ『天国への応援歌 チアーズ〜チアリーディングにかけた青春〜』ではエキストラを起用せずに生でタンブリングを披露していました。

2007年7月18日には自ら作詞した楽曲のシングルCD「恋花火」でビクターエンタテインメントから歌手デビューも果たしています。

2009年には『ぼくはうみがみたくなりました』で映画初主演となっていて2011年には『レベッカ』、『ゾロ ザ・ミュージカル』での演技によって第36回菊田一夫演劇賞の演劇賞を受賞しています。

2011年4月1日から芸名を本名の「大塚千弘」に改名したこともありました。2014年の映画『東京難民』ではヌードシーンを演じていて体当たりの演技にも挑戦しています。

私生活では同じ役者で俳優の鈴木浩介さんと2015年に結婚しています。

 

2019年ドラマ『凪のお暇』に江口真央 役で出演

原作は1巻が発売されると⼝コミで話題となっていて「宝島社このマンガがすごい︕2019オンナ
編」では3位に選ばれる程の⼈気漫画でその実写ドラマ化したものです。

あらすじは人の顔色を伺いすぎてしまう主人公の大島凪が人生をリセットして幸せを掴んでいくというものです。

大塚千弘さんは主人公の凪が務めていた会社の同僚の江口真央役を演じます。ドラマの中でも重要な役柄となっていてテレビに映る頻度もこれから多くなっていきそうですね!

 

2019年ドラマ『ストロベリーナイトサーガ』10話に出演

大塚千弘さんはストロベリーナイトサーガでは亀梨和也さん演じる菊田和男の奥さん役として急に出演してあの人は誰?と話題になったことがありました。

ドラマでは菊田が姫川玲子とくっつくと誰もが思っていただけに衝撃の展開となったんです。菊田は異動後の署内のアイドル的存在に言い寄られてそのまま結婚したとのことで原作では菊田は奥さんには危険な目に合わせたくないので警察をやめさせたとされています。

ドラマではそこのところは詳しくは映像化はされていませんが大塚千弘さんは重要な役柄を演じています。

 

2017年映画『ジョニーの休日』に出演

あらすじは大学生のカノジョの家で家族にあいさつしようとする35歳フリーターがこの家庭の三姉妹に振り回されるというコメディとなっています。

前半は次女役の大塚千弘が目立っていた展開でした。物語の中でも重要な位置での出演で大塚千弘さんの演技力の高さが見物です。

 

2006年ドラマ『アテンションプリーズ』に出演

上戸彩さん主演の「アテンションプリーズ」で上戸彩さんと相武紗季さんと一緒にいた3人組の一人として出演していました!

実は大塚千弘さんは堀越高校出身で上戸彩さんの同級生でもあります。中学時代は生徒会の副会長をされていたそうでそういった事情もあってこのドラマへの出演がかなったのかもしれません。

 

2004年映画『いま、会いにゆきます』に出演

映画「いま、会いに行きます」では主演の竹内結子が演じた若い頃の高校生役として出演していました。

大ヒットを記録した映画だけに覚えている方も多いのではないでしょうか?時間的にも短かったのですが重要な役柄での出演となっていますね。

 

馴れ初め、出会いのきっかけはドラマ『刑事7人』での共演

大塚千弘さんは2015年10月に鈴木浩介さんと結婚しました。出会いは2015年7月に放送されたドラマ『刑事7人』で共演をしてその後に意気投合したとのことで交際を始めたそうです。

そこから3ヶ月で結婚するという超スピード婚でゴールインとなったわけです。どっちから告白したりプロポーズしたということはわかっていませんが大塚千弘さんは気になる男性がいたらとにかく積極的に猛アプローチする癖があるそうです。

そのために周囲の人からは大塚千弘さんの猛アタックからスピード婚に至ったのではないか?と噂されています。

鈴木浩介さんは福岡県出身で西田敏行さんに憧れて俳優の道に進んだ名脇役俳優です。現在ではドラマに舞台に活躍されていて出世作となったのが『ライヤーゲーム』のフクナガユウイチ役でした。

まさに役者同士での結婚となったということなので同じ価値観で分かり合えることも多かったんでしょうね。二人は2017年に大塚千弘さんの地元の徳島県でごく少人数で結婚式をされています。

大塚千弘さんは鈴木浩介さんについて付き合っていくうちに大切なことに気が付いて何においても尊敬できると語っていてやはり同じ役者としての尊敬がまずは感じられているようですね。

今のところは二人の不仲や別居等の報道や噂は出ていませんので離婚する可能性は低いでしょうね。ただ今度は二人とも仕事で忙しくなってくると思うので将来的は大塚千弘さんが主婦として専念していくことになるのかどうか?も気になってくるところだとは個人的には思いました。

 

子供はまだいない?

鈴木浩介さんと大塚千弘さんの間に子供はまだいません。二人は2015年10月7日に結婚されていますからあれから現在まで4年近く経っていることになりますね。

鈴木浩介さんは44歳で大塚千弘さんは33歳なので今後まだまだ子どもが生まれる可能性はあると思います。

出産後も大塚千弘さんは仕事を続けていくのかどうかが気になるところではありますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)