松坂慶子の若い頃スタイル抜群写真大公開!昔から現在までの出演作品まとめ!

松坂慶子さんは女優や歌手、モデルだけでなくて司会業などもしていて多岐に渡って活躍しています。高い演技力や歌唱力はもちろんですが性格の良さも称賛されています。

67歳となりましたが現在でも現役の女優として活躍していますが若い頃はどんな感じだったのでしょうか?

気になったので調べてみることにしました!

松坂慶子のプロフィール

松坂慶子さんは1960年の当時まだ小学校2年生のときに「くるみ児童合唱団」に入団します。中学校では演劇部に所属していて1967年の中学校3年生のときに「劇団ひまわり」に入団しました。

その時に幼児向け実写コメディドラマ『忍者ハットリくん + 忍者怪獣ジッポウ』に出演していてテレビデビューを果たしています。

1968年には『ウルトラセブン』第31話に出演しています。当時から美少女だったことで知られていました!

高校在学中の1969年には大映からスカウトされて1969年『ある女子高校医の記録 続・妊娠』で映画デビューとなりました。

1971年の映画『夜の診察室』では主演予定の女優が降板してしまい代役として映画初主演を果たしています。

1972年には松竹へと移籍していて1973年のNHK大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫役を演じて一気に知名度が上がっていきました。その後1978年の映画『事件』や1979年の映画『配達されない三通の手紙』などでそれまでの清純派女優からの脱却をしていて1979年のドラマ『水中花』に主演しています。

歌手としても水中花の主題歌『愛の水中花』が大ヒットしました!女優としては日本アカデミー賞最優秀主演女優賞や数多くの映画賞で主演女優賞を受賞しています。

2010年には紫綬褒章を受章しました。

 

松坂慶子のデビュー当時の写真

現在も十分綺麗なのですが若い頃の松坂慶子が本当に綺麗だと話題になったことがありました。画像は1972年の当時まだ松坂慶子さんが20歳の時の写真です。

このころにの松坂慶子さんはNHKの大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫役を演じていて世間に広く知られる女優になった時でした。

松坂慶子さんは若い時は色気のある女優として知られていて現在とは演じる役柄も違ってきていたようですね!

 

出演作品まとめ!

松坂慶子さんは2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で母親役を演じていて2019年3月には第27回『橋田賞』を受賞しています。

デビューから50年以上が経った現在でも現役として活動中です。過去には多くの作品に出演してきていますので改めて振り返ってみてみたいと思います。

 

1977年映画『坊っちゃん』に出演

『坊つちやん』は夏目漱石の中編小説『坊つちやん』を原作とした映画化作品です。これまでに5回映画化されていて1935年版、1953年版、1958年版、1966年版、1977年版があります。

松坂慶子さんは1977年版に出演しました。主演の坊っちゃんには中村雅俊さんが演じていて松坂慶子さんはマドンナ役としての出演となっていました。

 

1981年『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』に出演

松坂慶子さんは男はつらいよシリーズでは第27作の『浪花の恋の寅次郎』と第46作の『寅次郎の縁談』でマドンナ役を二回演じています。

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』は1981年8月8日に公開された映画です。マドンナは瀬戸内海の島から大阪へ出てきた芸者の浜田ふみ役で松坂慶子さんが演じています。

当時は松竹の看板女優だった松坂慶子さんがようやく初出演したという状況での出演となっていました。

しかし松坂さんが映画にはあまりやる気はなくて監督の山田さんも好きなタイプではなかったことからこれまで実現しませんでしたがどうやら会社が松坂さんの出演を説得したとされています。

 

1983年映画『里見八犬伝』に出演

『里見八犬伝』は1983年12月10日に公開された映画です。第2回ゴールデングロス賞の優秀銀賞作品を受賞しています。

松坂慶子さんは伏姫役を演じていて声のみの出演でした!このように脇役にも豪華なキャストが出演している映画となっています。

 

1991映画『グッバイママ』に出演

『グッバイ・ママ』秋元康さんの初監督作品となっています。キャリアウーマンの主人公役を松坂慶子さんが演じています。

今とは違った役柄を演じていてなんだか新鮮ですね。

 

1997年映画『虹をつかむ男 南国奮斗篇』

虹をつかむ男南国奮斗篇は奄美群島を舞台にしていて山田洋次さんが監督を務めています。渥美清さんが亡くなって途絶えてしまった男はつらいよシリーズに変わって松竹の正月映画をつとめた『虹をつかむ男』の第2弾となっていました。

第一弾とは違って主人公の二人を除くキャストは一新されていて主演は西田敏行さんと吉岡秀隆さんが務めています。

ヒロインは小泉今日子さんと松坂慶子さんの二人が務めていました。

 

2000年映画『さくや妖怪伝』

トワーニ制作の映画第一作となっていて原口智生さんの劇場監督デビュー作でもあります。松坂慶子さんは土蜘蛛の女王を演じていて危険な爆破シーンではスタントを立てずに自ら演技を行ったそうです。

それだけこの映画には挑戦しようという気持ちが伝わってきますよね。

 

2003年映画『精霊流し』

名曲「精霊流し」をモチーフとした自伝的な原作小説は40万部を超えるベストセラーを記録していてそれを映画化したものです。

主人公にはNHK連ドラ『どんど晴れ』の内田朝陽さんで二人の母親役に松坂慶子さんと高島礼子さんを起用しています。

その他にも椎名桔平さんや田中邦衛さん等の実力派演技俳優が出演していて豪華なキャストがそろっている映画となっています。

 

2006年映画『犬神家の一族』犬神竹子役で出演

『犬神家の一族』は2006年12月16日に公開された映画で横溝正史さんの金田一耕助シリーズの推理小説『犬神家の一族』を30年前の映画版と同じ監督と主演で再映画化したものとなりました。

第19回東京国際映画祭のクロージング作品としてプレミア上映されています。あらすじは日本の製薬王である信州の犬神財閥の創始者の犬神佐兵衛が不可解な遺言状をのこして亡くなりました。

佐兵衛は正式な妻子を持たなかったために腹違いの3人の娘がいました。その3人の娘の一人を松坂慶子さんが演じています。

 

2011年映画『青い青い空』に出演

『書道♡ガールズ 青い青い空』は2010年10月9日に浜松市で公開された太田隆文監督作品です。

『青い青い空』が正式タイトルでこのタイトルで2011年に東京都と千葉県で公開されました。東京公開に合わせて青い青い空で統一されています。

松坂慶子さんは母親役として短い出演となっています。ただ作品には無くてはならない存在感を与えていてさすがだなと思いました。

 

連続テレビ小説まんぷくに出演

2018年10月から2019年3月まで放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』に松坂慶子さんが出演していました。

『まんぷく』の中で松坂慶子さんは女優の安藤サクラさんが演じた主人公の今井福子の母親の今井鈴役を演じています。

松坂慶子さんは演じるにあたって自分のお母さんをモデルにしたんだそうです。松坂慶子さんの演技には評価が高かったです。67歳になってもいまだに演技力が評価されているんですから凄いことですよね。

今後も女優業は続いていきそうなので今後の活躍を期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)