黒柳徹子の恋人だったワイセンベルクはピアニスト?病気・脳腫瘍だった?

黒柳徹子さんは生涯独身を貫いていますが過去には恋人がいたと言われています。その恋人は日本人ではなくて外国人でピアニストだったという話があります。

今回は黒柳徹子さんの恋人について調べてみました!

 

黒柳徹子の恋人のワイセンベルクはピアニスト兼指揮者の音楽家?画像ある?

黒柳徹子さんの恋人と言われているのはピアニストで音楽家のワイセンベルクさんです。

1929年7月26日、アレクシス・ワイセンベルクは誕生しました。生まれはブルガリアのソフィア、ユダヤの家庭に1人っ子として誕生。とても端正なマスク、エレガントな仕草で大変人気のあるピアニストだったそうです。テレビにCharles AznavourやNana Mouskouriなどのシンガーと一緒に共演したり、ピアニストの枠にとどまらず、活躍しました。

日本でもアレクシス・ワイセンベルクのCDを購入することができます。黒柳徹子さんの40年間交際していた外国人恋人はアレクシス・ワイセンベルクではないか?と噂でした。

国際的なピアニスト、ワイセンベルクがピアノを始めたのは幼児の時。母がピアノを教えてくれました。

ワイセンベルクの家庭は、音楽家一家だったといいます。母のレッスンは厳しく、手の位置、手首の柔軟性、テクニック、テンポのコントロールなど幼少期からピアノの英才教育を受けていました。わずか5歳のときには、ブルガリアの作曲家Pantcho Vladiguerovのもと、作曲を学んでいたワイセンベルク。

”彼のレッスンは、とても直観的で、柔軟な先生だった。生徒に、個々の気質はちょっとしたスパイスではなく演奏の道具となりうる可能性があるという気付きをもたらしてくれた”と回想しています。

ワイセンベルクのピアノは、テクニックだけでなく、そこに繊細さと温かさを感じるといわれるのは、幼少期に師事した先生の影響もあるのかもしれません。

その後、ワイセンベルクは10歳の若さで初のリサイタルを開きます。そこで、ロベルト・シューマンやベートーベンなどの曲に加え、自分で作曲した曲も披露しています。そのときのことをワイセンベルクは”ステージと自分が一体になった初めての経験だった。本当に気持ちがよかった”と語っています。

ワイセンベルクさんはブルガリア人で子供の頃から音楽一家に生まれて育ってきました。国際的なピアニストで日本ではCDも発売されている程です。

子供の時から豊かな才能は既に発揮されていたほどでした!黒柳徹子さんが憧れるのもなんだかわかる気もしますね。

 

黒柳徹子の恋人は病気(脳腫瘍)だった?

しかしワイセンベルクさんは病気の為に既に亡くなってしまっているんです。

そんな甘い恋について黒柳徹子さんは、「40年外国人恋人と付き合ったが、亡くなったためその恋が終わった」と公言しています。

実際にワイセンベルクさんは2012年に脳腫瘍によるパーキンソン病の為、82歳で亡くなっています。

2001年頃に最後のコンサートを開催して以降、約10年の間病気と向き合って生活をしていました。FAXや手紙で交際を続けていた二人は、最後の最後まで変わらず交際を続けました。

ワイセンベルクさんにとっては黒柳徹子さんの存在自体は、何よりの支えであり、病気といえども幸せな最後を迎えられたのではないでしょうか。黒柳徹子さんにとって、”40年間の恋”とはどんなものだったのでしょう。

ワイセンベルクさんは2012年に脳腫瘍によるパーキンソン病の為に82歳で亡くなっています。病気になったのは2001年でそれまで10年間渡って闘病をしていたということになりますね。

黒柳徹子さんとは頻繁にあっていなくて遠距離恋愛となっていたようです。

 

黒柳徹子の恋人で検索して出てくる『ゆうすけ』はトットちゃんと関係が?

テレビ朝日系ドラマ「トットちゃん!」は黒柳徹子さんの実話が元となっているドラマです。その主役は清野菜名さんが演じていて恋人役にはハーフである城田優さんが抜擢されています。

テレビ朝日系ドラマ「トットちゃん!」(毎週月~金曜12:30~12:50)でヒロイン黒柳徹子役の清野菜名さんの恋人役が”外国人ピアニスト”という役どころからハーフである城田優さんが抜擢されたのだと思われますが、そもそも、黒柳徹子さんの恋人が外国人でピアニストだったんだ!と暴露しているようなドラマの設定に噂は本当だったんだ!!と思った人も多いかもしれません。

ハーフ俳優は城田優さん以外にもいるでしょうが、特技がピアノということに一応なっている城田優さんはまさに適任でしたね!!

これはワイセンベルクさんに近づけたキャスティングといえそうですね。城田優さんの特技はピアノということですから限りなく黒柳徹子さんの実話に近づけたドラマとなっています。

城田優さんが演じた役柄名はピアニスト、カール・祐介・ケルナーとなっていることから間違って黒柳徹子さんの恋人はゆうすけという情報が広がっていってしまったようです。

 

黒柳徹子の恋人は司会者はガセ?

黒柳徹子さんは独身をずっとこれまでに貫いていますが若い時は美人だったことから多くの著名人との恋人の噂がささやかれていました。

飯沢匡さんは日本の劇作家、演出家、小説家で、黒柳徹子さんが女優としてやっていく決心をしたきっかけの人物となっています。

テレビ女優第1号の1人として20歳の年にNHKに入局した黒柳さんですが、当時はNHK専属女優であるにも関わらず最初の一年間はほとんど仕事がもらえなかったそうです。

黒柳さんの特徴でもある早口の喋り方は毎日周囲から叱られており、「個性を出すな」と言われていた黒柳さんは個性のなさそうな同期生の口真似をしていたと言います。

その後、1954年に開始されたラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』で黒柳さんは初の主演番組を務めていますが、黒柳さんのその個性を認めて起用したのが脚本を担当していた飯沢さんだったそうです。

飯沢匡さんは、黒柳徹子さんとの恋仲が囁かれた唯一の人物であるとも言われています。

当時飯沢さんはすでに既婚者でしたが、2人はその後40年ほどに渡り深い仲だったとも言われており、中には隠し子の噂もあったようです。

黒柳さんには24歳年の離れた末弟がいますが、そうすると黒柳さんの母親は40代後半で産んだことになるため当時としてはかなり珍しいとされており、実は黒柳さんが産んだ隠し子が末弟となっているのではという見解のようです。

黒柳徹子さんが長い間、司会者として有名だったことから恋人は司会者ではないか?と噂になったほどでした。

その中でよく噂されたのが劇作家、演出家、小説家の飯沢匡さんです。1954年に開始されたラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』で黒柳さんは初の主演番組を務めましたがその黒柳徹子さんを抜擢したのが飯沢さんでした。

黒柳さんにとっては恩人といっていい人物です。当時、飯沢さんは既に結婚して奥さんがいましたがあまりにも二人が一緒にいることが長いことから恋人と噂されて中には隠し子の噂まであるくらいです。

それほど飯沢さんとは噂になっていましたが結局はワイセンベルクさんが恋人の線が強いと思います。黒柳徹子さんはワイセンベルクさんとは40年間の交際をしていましたが遠距離となっていて結局は結婚をするタイミングを逃してしまいました。

黒柳徹子さんは現在でも仕事が忙しいので恋愛どころではなかったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)