哀川翔の若い頃のヤンキー伝説がヤバい!暴走族をタクシー替わりに?100人と乱闘?

哀川翔さんは現在では俳優やタレント業以外にもレーシングドライバーをしていたり昆虫飼育に関係した仕事をしているなど活動は多岐に渡っています。

過去には不良だったことから数多くのタレントや俳優が哀川翔さんに憧れて知り合いも多いです。

その過去の武勇伝はとんでもないものまであるんですが…詳しく調べてみました。

 

哀川翔の若い頃の画像

哀川翔さんは高校時代までは体育教師を目指していたそうですがバイク通学や他校の生徒と喧嘩をするなどしていた不良でもあったんです。

喧嘩も強くて部活は体操部と陸上部を掛け持ちをしていたことから体も強かったんです。若い頃の髪型を見てみるとリーゼント風になっていて怖い雰囲気がしますよね。

 

一世風靡セピアとしてデビュー!

一世風靡セピアとは1980年代の中盤から後半にかけて活躍したユニットです。路上パフォーマンス集団の劇男一世風靡にいた7人が一世風靡セピアとしてデビューすることになったんです。

演舞のようなオリジナリティのあるダンスなど地下アイドルっぽくもあって今でいうEXILEに近い感じと思ってもらうと分かりやすいと思います。

哀川翔さんは一世風靡に入る前には雑誌のポップティーンでライターをしていて取材活動をきっかけとして一世風靡に入ることになりました。

一世風靡には哀川翔さんのほかには踊る大捜査線に出演したこともある柳葉敏郎さんと小木茂光さんがいました。

現在も俳優として活躍している凄いメンバーがいたんですね!

 

テレビドラマ『とんぼ』に出演

哀川さんが役者として活動していくきっかけとなったのが1988年にTBSで放送された『とんぼ』です。

鹿児島県の先輩であった長渕剛さんからの依頼で引き受けたそうです。そしてここでの演技が評価されて俳優として活動していくきっかけとなっていきました。

 

Vシネマ『ネオ・チンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』に出演!

哀川翔さんは駆け出しのチンピラ役として主演第一作目に出演しています。哀川翔さんが演じた役柄はとんぼで演じたアウトロー役となっています。

この映画には山田辰夫さん、宍戸錠さん、大杉漣さんというベテラン俳優も共演していて哀川翔さんのキャラクターが確立していった作品でもありますね!

 

映画『獅子王たちの夏』の主演に!

哀川翔さんと的場浩司さんのW主演でストーリーはこちらもヤクザの世界を生きる物語となっています。

的場浩司さんとは現在でも仲がいいですからお互いに似ている雰囲気ですから何か感じるものがあるのかもしれません。

それにしても二人の主演で見れるなんて豪華な映画ですよね!

 

2004年映画『ゼブラーマン』で主演作品100本に!

SFコメディとなっていてこれは哀川翔さんにとっては主演100本目となる記念の作品ともなりました。

脚本は宮藤官九郎さんで2005年の第28回日本アカデミー賞では哀川翔さんは主演男優賞にノミネートされています。

惜しくも受賞にはなりませんでしたが現在でもこのゼブラーマンは哀川翔さんの代表的な作品となっています。

 

哀川翔の喧嘩最強ヤンキー伝説

哀川翔さんは元々、不良で血の気が多かったことから芸能界にデビューしても喧嘩ばかりをしていました。

いつ襲われても大丈夫なようにお店ではビール瓶をテーブルの上に置いておいていたり準備は常にしていたようです。

またエピソードも多くあって新幹線にたてこもった暴漢をヤクザと協力して解決したという嘘とも本当とも思えないエピソードがたくさんあります。

どのエピソードでも喧嘩で負けている話は出てきませんので相当強かったんだと思います。

 

竹下通りで暴走族100人と乱闘事件

哀川翔さんはバラエティ番組「訂正させてください~人生を狂わせたスキャンダル~」で原宿の竹下通りで大乱闘を起こした真相を語りました。

事件が起きたのは哀川翔さんがデビューする前の一世風靡セピア結成当時のことで原宿の竹下通りで300人対100人の乱闘事件がありました。

その時に決着がつかなかったことから哀川さんは決着をつけようと竹下通りで400人もの大乱闘を起こしたんだそうです。

原宿駅側に哀川さんと仲間たち約150人と明治通り側にいた中野英雄さんと仲間たち約150人の合計300人で挟み撃ちをして相手を倒したんだとか(笑)

ことの発端となったのは仲間のひとりが哀川さんに助けを求めたことから始まりました。仲間を哀川さんが助けに行ったんですね。

結果的には当時敵対していた暴走族との大乱闘に発展してしまいました。この大乱闘は噂になっていて嘘だと思われていたんですが哀川さんの口からは本当だということで周囲も驚く結果となっていました!

 

結婚披露宴で天龍源一郎に立ち向かう!?

一世風靡のメンバーの結婚披露宴で哀川翔さんと柳葉敏郎さんは既に会場に来た時から酔っていました。

そして野次を飛ばすような迷惑な客となっていたんです。そこに披露宴に参席していたプロレスラーの天龍源一郎さんと三沢光晴さん、その近くにいた若いレスラーたちに向かって「俺がタイガーマスクになる予定だったんだ」とかみついてしまったのです。

一方的に突っかかっていましたがその時には喧嘩にはなりませんでした。しかし売られた喧嘩は買っていたでしょうね(笑)

 

矢沢永吉とメンチの切り合い!?

哀川さんが矢沢永吉さんと飲み屋で会った時の話で矢沢さんは立ち上がって握手を求めます。そして哀川さんと握手をしたんですが握手をしたまま無言で見つめ合っていて20分間もし続けていたんです。

後に当時について哀川さんは矢沢さんのことを「今まで会った大人で一番怖い」と言っていました。結局この握手では矢沢さんは20分ほどして自ら握手をやめて一言「最高」と言ったそうです。

その後二人は仲良くなっていき一緒に酒を飲む仲にまでになっています。

 

暴走族をタクシー替わりに利用

哀川さんは暴走族に慕われていたことから迎いがきて送ってくれていたようです。新宿から知らない暴走族を朝方に止めて家まで送ってもらっていたんだとか…

特に一世風靡セピアの頃は次の店まで送ってもらっていたんだそうです。タクシー代わりに使っていてむしろタクシーよりも早くて丁寧な対応で道をよく知っているんだとか!

確かにバイクだと地元だと地理が詳しくなっていきそうですね~

 

俳優・中野英雄を3秒でノックアウト!?

哀川翔さんと俳優の中野英雄さんが出会った時はまだ哀川さんが19歳で中野英雄さんが16歳の時でした。

中野さんは十数人も周りにいて阿佐ヶ谷のガード下にたむろしていました。そこに哀川さんが現れていきなり中野さんの服装について注意したんだそうです。

すると中野さんは哀川さんに殴りかかっていきましたが哀川さんは3秒で中野さんを倒してしまいました。

それから中野さんは哀川さんのことを兄貴として慕う仲にまでなっています。

 

哀川翔が『ヤバい人』と言った白竜さんとは!?

そんな哀川さんにとっては自分よりも白竜さんの方が凄いと言っていました。言っていたのは有吉さんの番組で哀川翔さんに「ケンカ強い人は誰ですか?」と聞いたら哀川さんんが「白竜さん強いとかじゃない、あの人はヤバイ」と言っていました。

白竜さんはVシネマの帝王と呼ばれている俳優で過去には松田優作さんと殴り合い寸前の騒動を起こして結局、絶交したことを告白しています。

あのレジェンドの松田優作さんにも一方も引かない雰囲気はヤバそうですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)