哀川翔がカツラ疑惑?画像は?カブトムシがギネス記録に?カブトムシ工場がある?

哀川翔さんにカツラ疑惑が浮上しました!2018年現在で年齢は57歳となりますがたしかに57歳にしては髪の毛の量は多くありますよね。
また哀川翔さんはカブトムシが大好きという顔も持っています。そのカブトムシでは過去にギネス記録を真剣に狙うほどの大きさのカブトムシを育てたということで話題となりました!

哀川翔がかつら疑惑?カツラっぽい画像はあるのか?

哀川翔さんにカツラ疑惑が噂されているんですが真相はどうなのでしょうか?

哀川翔さんにかつら・ヅラ疑惑を疑惑が出る理由として、哀川さんが年齢よりも髪の量が多いように見えるからではないでしょうか?

哀川翔さんは、2017年の時点で55歳だそうです。正直、とてもそうは思えませんよね。なので娘さんとテレビに出演された際は、視聴者の方から「親子には見えない」との声が相次いだようです。実際に画像を見てみると、確かに親子だと言われないと分からないような気がします。

また哀川さんは、モータースポーツや昆虫採集など様々なことに活発な方なので、髪の毛もさほど年をとっていないのかもしれませんね。そのため、かつら・ヅラ疑惑が出てしまったとも考えられるでしょう。

哀川さんは、年齢の割に髪が多くいつもオシャレな髪型をされているからか、「カツラ若しくはウィッグではないか?」とも言われています。

一見「カツラとウィッグは、同じなのでは?」と、思われがちですが実はそうではありません。カツラは、主に毛や抜け毛になってしまった部分に対処するものです。そのため中には、カツラのことを医療用ウィッグと呼んでいる人もいます。

一方のウィッグは、比較的に髪型を楽しんだりおしゃれをするために使われるものです。なので哀川翔さんの髪型を見てみると、とってもおしゃれですよね。

また近年では、ウィッグはおしゃれのためだけでなくコスプレイヤーさんに人気が高く需要の幅が広がってきています。もしかするとこれが原因で、哀川さんにかつら・ヅラ疑惑をが浮上したのかもしれませんね。
哀川翔さんは2018年現在で年齢は57歳となっていますが髪の毛の量が多いことからカツラ疑惑が長く噂されています。
その背景にはウィッグが流行ったことと関係があるんだとか…ウィッグは今は若い人にも人気で女性も使ったりと世間に認知されてきています。
哀川翔さんがカツラなのかどうかは真相は結局のところはわかりませんがしていてもおかしくはないと思います。

哀川翔はカブトムシ大好き?ギネス記録にもなった?ゆかりって?

哀川翔さんはカブトムシが好きなんですがその好きの度合いが凄すぎるんです。

俳優の哀川翔が15日、都内で行われた『大昆虫展 in 東京スカイツリータウン~昆虫から人間は何を学ぶか~』プレス発表会に出席。芸能界屈指の“ムシキング”の異名をとる哀川が、手塩にかけて飼育した巨大カブトムシの測定会が実施され、87.4ミリを記録した。

カブトムシ飼育歴15年、毎年自宅と茨城にある飼育所で5000匹を羽化させているという哀川だが、昨年は世界最大となる88.0ミリのカブトムシの飼育に成功し、ギネス申請も視野に入れると発言。今年の出来にも相当な自信があるようで、測定前には「また(世界最大級が)出ちゃった。でも、自分で測ったら勝俣(州和)から『首を伸ばしただろ?』って疑われるから、みなさんの前で測定したいと思います」と上機嫌で語った。

ところが、昨年の記録を0.6ミリ下回る記録が発表されると「えっ、足りないじゃねーか!けっこうショックです…」と無念の表情。それでも、2年連続での大記録に手応えを感じているようで「今年は、ちゃんと大きいのを作ろうっていうことでやってきましたが、それは間違ってなかった。また、来年に向けて頑張りたいと思います」と雪辱を誓っていた。

発表会にはそのほか、カブトムシゆかり、同展の実行委員会副委員長の奥本大三郎氏も出席。
過去には88ミリのカブトムシの飼育に成功していてこれは専門家でも難しいことなんだそうです。その凄さはあまりの大きさから哀川翔さんがギネス記録を視野に入れる程でした。
その為にカブトムシのイベントに哀川翔さんは引っ張りだことなっていて同時に昆虫が好きな芸人ということでカブトムシゆかりさんとも一緒に呼ばれていました!

哀川翔はカブトムシ工場を持って養殖してる?

哀川翔さんはあまりのカブトムシ好きでなんとカブトムシ工場を持っているといわれています!

ギネス級のカブトムシが「生産」されたのは、茨城県かすみがうら市にある「株式会社ミタニ」の養殖場。

哀川はその一画を自分専用の飼育所として借り、なんと、毎年5000匹ものカブトムシを羽化させているのである。

「哀川さんのカブトムシをウチで管理するようになったのは、確か4、5年ほど前からでしょうか。こちらには哀川さんご本人も時々お越しになる。傍(はた)から見ていても、本当にカブトムシが好きなんだな、という様子が伝わってきます」

そう話すのは、「ミタニ」の社長である。

「今回は88ミリという大きさが話題になりましたが、ウチの養殖場ではエサの研究を重ねた結果、近年、それに近いサイズのものは結構出ている。今年は87・5ミリのカブトムシも出ました」

哀川はこの「カブトムシ工場」で育てた個体を一般販売もしているというから、もはや趣味の領域を大きく逸脱して、完全に「業務」である。

哀川翔さんは茨城県かすみがうら市にある「株式会社ミタニ」の養殖場の一画を自分専用の飼育所として借りていてそこでは毎年5000匹ものカブトムシを羽化させているんだそうです。
普段は株式会社ミタニの飼育員が管理していてカブトムシを育てていますが哀川翔さん本人もたまに来たりするんだとか…凄い情熱ですよね。
しかもここで育てたカブトムシは一般販売していて一般人が買うことが出来ているんだとか…ビジネスにもなっているということですね!

哀川翔はハウステンボスでカブトムシのイベントも開催?

哀川翔さんは過去にはハウステンボスで開催されたカブトムシのイベントに出席したことがあります。

長崎のハウステンボスでは、哀川翔さんを招いて1日限定“哀川翔の世界一カブトムシ飼育教室”を10月6日(土)に開催する。

哀川翔さん自ら、世界一大きいカブトムシの育て方を紹介し、外国産の珍しい成虫見学や、天然の約100匹のクワガタに直接触れることができる貴重なイベントだ。

また、哀川翔さんが育てたカブトムシの幼虫をなんと、各回30匹を抽選でプレゼント。この中から、新たな世界一大きいカブトムシが誕生するかもしれない!

さらに、飼育教室が終了した後は哀川さんと全員で記念撮影という特典も。会場はハウステンボス内 タワーシティプラザで、各回500名限定。

題して哀川翔の世界一カブトムシ飼育教室ということもうカブトムシの専門家でもおかしくはないですよね(笑)

イベントは大盛況だったようで特に子供に人気でした!カブトムシといえば子供に人気があるので哀川翔さんの認知度上昇にも一役買っているんだと思います。

またカブトムシは高額な取引もあるくらいビジネスにもなるので実際に哀川翔さんは自分で育てたカブトムシでビジネスをやっています。

しかし根底にあるのはカブトムシが本当に好きだという思いなんだと思います。近い将来にもカブトムシの世界一の大きさでギネス世界記録が生まれてもおかしくはないでしょう!

哀川翔の嫁・青地公美が超美人!?

哀川翔の娘は女優デビューしていた!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)